RR〜〜りょうちゃんのあるある〜〜【インプロsalon活動振り返り】

ごきげんよう、関原良平と申します。インプロsalonに所属しています。そこでの活動の振り返りがメインのブログです。詳しいことはこのブログのプロフィール、もしくは下記のインプロsalon Webサイトをご覧ください。https://peraichi.com/landing_pages/view/improvsalon

【2017】4月21日(金)の稽古の振り返り

4/21(金)@赤坂 17:30〜

 

エイトカウント

 

笑いながら、身体を動かし、頭の中も動かせるゲームだと思う。

 

だんだんと慣れてくるが、みんなで合わせてやることはウォーミングアップにはとてもいいと思う。

 

集まったメンバーによって、それぞれに合ったスピードで負荷をかけるとさらに楽しさが出てくる。信頼関係がそこまで深くなくてもできるエクササイズだと感じた。

 

【インプロ俳句】

 

個人的なことだが、前回よりもできた。笑

おそらく要因はいくつかあるが、一つは円の内側でやったときに、みんなの表情を見ながらできたことが個人的には安心感につながった。

 

円の外を向いた時も目の前にはだれもいないという安心感から指で一つ一つ文字を数えることができ、それなりに言葉をつなぐことができた。

 

一列バージョンはやらなかったが、もしかしたら、一列でもできたかもしれない。

 

へちゃが「そのゲームをやらなくても他のゲームを体験するうちにできるようになることがある。」という言葉をくれたが、これはその通りかもしれないと実感した。

 

だからこそ、ゲームがうまくできなかったからといって、それをうまくなるまで根性論のように練習するのではなく、様々なゲームを体験するうちにできるようになるという柔軟な考えをもっていることも大事だと思った。

 

【ワンタッチオブジェ】

 

触って形をつくるゲーム。相手に触れるというのがポイントだと感じた。

 

【私は木】の場合、触れなくても絵は完成させることができる。

 

しかし、【ワンタッチオブジェ】では、触れないと完成しない。触れることが信頼につながり、共に作っている感を出す。

 

また、言葉に出し、何として関わっているかも言わなくていいので、【私は木】よりも入りやすいように思う。

 

一見、軽く見がちだが、触れるということの大切さを改めて感じたゲームだった。

 

【支えるエクササイズ】

 

【ワンタッチオブジェ】よりも、信頼感が必要なゲームだと感じた。身体を預けるので、触れるよりも怖さは感じやすい。

 

受け止める方はできるだけ、真ん中の人が怖さを感じないように受け止める。真ん中の人は、支える側を信頼して、真っ直ぐ全体重をかけて身体を預ける。

 

預ける、支えるだけのエクササイズだが、そこには、相手を信頼することの大切さと安心感という強いメッセージがあるように感じた。

 

言葉以前の土台であり、この預ける感覚と支える感覚はそのまま、インプロにも直結すると考えた。

 

【トラストウォーク】

 

時間の都合上行わなかったが、信頼を築くエクササイズ。

 

【ミラー、質問、ストーリー】

 

このミラーのゲームでは、いろいろな方向に意識を向けることがポイントだと感じた。

 

どこかを疎かにはせず、すべてに気を配る。まさに視野と感覚を広げるゲームだった。

 

これはインプロをする上でとても大切なことで、インプロは相手の些細な表現を感じ取れると安心感やその後の展開を生みやすい。そうしたことの土台になるゲームだと感じた。

 

【フォーカスプッシュアップ】

 

このゲームは、まさに、この日にやってきたまとめのようなゲームだった。

 

相手に触れて、お互いを見つめ合う。この時点で信頼が大切だ。

 

その中から、相手の情報を見つけ、そこから、3つの切り口を使ってイメージする。インプロでストーリーを繋いでいくときの土台になると感じた。

 

【5つの段階】

 

このゲームと一つ前のゲームはかなり繋がっており、より、インプロのシーンに近づいたゲームだった。

 

インプロのシーンのような感覚だった。シーンをしっかりとやったことはないが、こうやってシーンはできていくんだと感じた。

 

放射連想はトレーニングが必要かもしれない。けれど、それは1人で街中でもできるし、先ほどの3つの切り口を使ったゲームのような形でもできる。

 

僕個人としては、その場面の情景を描くと、より表現に繋がりやすい。情景を頭に描けるとその情景を頼りに表現できるからだ。

 

【まとめ】

 

今日のテーマは、信頼とイメージ。

 

信頼は、相手に預ける力、相手を支える力の根底にあるものだと思う。

 

これを理解しているかどうかで、インプロをするときに違いが出てくるように思う。うまくできるというのは、相手を信頼できていている上にある表現だと感じた。

 

そして、イメージは、3つの切り口を使い、より詳細な情景をそこに描くことだと思った。

 

そうすることによって、自信をもって表現できるし、何より自然とした表現になると思う。

そんなことを感じたとても濃い時間だった。

 

---------
▼私の所属する「インプロsalon」の
Webサイトはこち
https://peraichi.com/landing_pages/view/improvsalon

▼「インプロsalon」の最新情報はFacebookページでご覧ください
https://m.facebook.com/improvsalon/